【11/4開催 クリエイター祭り 怪盗Wの挑戦状 】のイベントにビデオ登壇しました。

クリエイター祭り2019

こんにちは!筋肉イラストレーターのかまたです!

少し前になりますが、11月4日に開催された【クリエイター祭り 怪盗Wの挑戦状〜3年後の可能性を立証せよ〜に登壇させていただきました!

ちょうど9月末に第二子を出産したので、ビデオでの登壇になりましたが、まさか自分が登壇者になるとは夢にも思いませんでした!

ちなみに去年はイベントスタッフとして参加させていただきました。詳しくはこちらの記事で紹介しています。

今回は登壇に至る経緯や登壇内容についてお話しします。

クリエイター祭りとは?

クリエイター祭りとは、現役クリエイターやクリエイター志望、クリエイターと知り合いたい人たちが一同に会してトークセッションや交流会を通じて自身の悩みなどを解決するクリエイターを応援する一大イベントです。

※イベントは終了しています。

2015年に大阪で始まったこのイベントですが今回で5回目になり、今年は東京でも開催されました。

私自身このイベントを知ったのが2017年、イベントスタッフとして大きく関わったのが2018年、そしてとうとう今年は登壇者という立場でイベントに関わることになりとても感慨深い気持ちです。

ちなみにぶっちゃけると、スタッフもやって登壇までしたのに今まで一度もイベント当日に参加したことがないという驚きの事実!(爆)

ずっと参加したいと思っているのですが、当時は1歳の子供の子育て中でそして今回はタイミングがいいんだか悪いんだか、2人目が産まれたもんだから行くことができず。。。
子供がもう少し大きくなるまで是非ともこのイベントには続いて欲しいです!

登壇に至った経緯

クリエイター祭りプレゼンスライド
当日のプレゼンスライド

ちょうど2018年のクリエイター祭りから実績もコネもないゼロからイラストレーターとして活動し始めて今年の春先に初めての書籍の仕事をいただきました。

その経緯がありこのイベントの主催者であるカッシーさんから、仕事獲得に至った秘訣を5分くらいの動画でいいのでクリエイター祭りで話して欲しいとかる〜く依頼されて、それくらいならいいですよ〜と受けさせていただきました。

ただ、よくよく考えてみると動画ではあるもののこのような大規模なイベントで登壇するのはもちろん生まれて初めてだし、果たして来てもらった人に見せられるクオリティのものが作れるだろうか!と結構焦りました。

またちょうどイベント当日の時期は第二子の出産直後ということもあって、新生児と上の子の世話をしながらてんやわんやで、結構ボロボロでやばい状態になりながら、イベントのギリギリまで粘って何とか完成させました。

とりあえず、無事にできてホッとしてます。

ちなみに、動画制作で使ったツールはKeynoteとQuickTimeプレイヤー、iMovieで作りました。

登壇内容に込めた思い

クリエイター祭りプレゼンスライド
当日のプレゼンスライド

肝心の登壇内容ですが、いただいた登壇時間が5分間ということもあり、なるべく端的に分かりやすくまとめるため、私がやった事を3つの課題と3つの解決方法で紹介しましたが、もう少し私の思いも話しておきたいと思うのでここでお話ししようと思います。

私が伝えたい思いは何事も『挑戦してみる』ということです。

小さい頃、やりたいことが沢山あって特に絵を描く仕事がしたいと思っていたのですが、周りからよく言われたのが『それは選ばれた人しかできないから』という言葉でした。

その言葉を聞くたびに選ばれた人しか無理なんだと自信が無くなって、結局やってもできないと挑戦する前から諦める癖がついてしまい自分のやりたいことが分からなくなってしまいました。

そんな状態なので社会に出ても一体何をすればいいか分からず、流れるままに好きでもない仕事をただやるばかりで精神的にどんどん消耗していきました。

そんな状態に転機があったのが、子どもが生まれたときでした。

ふと、この子が大きくなってやりたいことを見つけて欲しいなと思ったとき、やりたいことも何もできてない自分が果たしてこの子にそう言えるだろうか?と。

自分がやったことがないことをどうして子供に言えるだろうか、それなら子供に言えるように自分がやってみよう!と思い、小さい頃からなりたかったイラストレーターになるため行動した結果、実際にイラストレーターとして仕事をすることができました。

挑戦することの大事さを実感しましたし、長年こびり付いていた諦め癖をやっと改めることができました。

もちろん、挑戦しても出来ないこともあるかと思います。

先ほどイラストレーターになると書きましたが、実は最初目指していたのはWebデザイナーでした。

Webデザイナーになるべく勉強して、一時期制作会社にアルバイトで入ることができましたが、やってみてそこで自分はWebデザイナーには向いていないことに気づき、結局辞めることになりました。(結局、Webを勉強するのは楽しかったのですが、得意ではありませんでした。)

でも挑戦したという実績や経験は残りましたし、挑戦したからこそ私はWebデザイナーには向いていないことも分かりました。そして自分はやっぱりイラストレーターになりたいと新たな目標を見つけることもできました。

これは全て挑戦しなければ分からなかったことです。

挑戦しなければそこで終わりですが、例え目指す目標にたどり着けなかったとしても挑戦したからこそ、そこから色々な道が広がって新たな目標を見つけることができると思います。

そういったことを自分の子どもにもそうですが、みなさんに伝えていきたいと思っています。

大盛況だったクリエイター祭り

今年のクリエイター祭りは謎解きゲームなど新しい試みを色々されていたそうで、当日自分もTwitterで追っていましたが、参加された方々からはとても好評だった様子が伺えました。

そんなもんだから、一応登壇者なのに余計参加できなかったことが悔しい…!!来年はまだ下の子が1歳だから難しいかな〜。休日・祝日は家族も休みだから意外に外出しづらいのが辛いです(´・ω・`)

いずれは是非参加したいと思います!

筋肉イラスト製作所では
迫力・分かりやすい筋肉イラストを提供しています。

▼仕事のご相談・ご依頼についてはこちら▼